インヴァスト証券

テクニカル分析最新記事

2020/04/02(木) 10:14 JST

ユーロ・ドルは先週末に1.1148をつけたあと今週に入って軟調地合い。上図に示したサポートラインが破られたことから反発の勢いが鈍りつつある。

ユーロ反発の流れがひと息ついたと見れるため、修正の下押しに注意が必要だ。下値の注目ポイント(サポート)は1.0900レベル。これが破られると1.0800レベルへの続落リスクに気をつけたい。ちなみに、[1.0638⇒1.1148]の上昇に対する61.8%戻しは1.0833だ。

上値に関しては1.1035/40レベルがレジスタンス。その上、1.1047付近を89日移動平均線が横ばい中。さらに、200日移動平均線が1.1070/75レベルをなだらかに下がってくる。ユーロ・ドルが200日線を越えてくればもみ合い色が強まりそう。ただし、1.1148ブレイクでもう一段、上値を追う動きに要警戒。ターゲットはフィボナッチ・リトレースメントを適用すると[1.1495⇒1.0638]の下落に対する61.8%戻しが1.1168、76.4%戻しが1.1293となる。


外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ


2020/04/01(水) 10:14 JST
ドル・円は今週に入って107円台での取引き。これまでの荒れ相場に比べると落ち着いた値動きとなったが、神経質な相場がまだ続く可能性が高いので上下のリスクに注意が怠れない。

今朝の市場では午前10:10現在、ドル・円は21日移動平均線に近い、107.50辺りで推移。21日線は先週金曜日から107.70付近でほぼ横ばい中だ。同水準は[101.18⇒111.71]の上昇に対する38.2%戻しに相当する。一昨日の安値107.13が破られると3本の移動平均線からの下抜け離脱に要警戒。このときの目先下値余地は振れやすい相場を考慮すれば、61.8%戻しに相当する105.00/20ゾーンまで見込んでおきたい。

他方、上値に関しては89日移動平均線のある109.00/10ゾーンがレジスタンス。ドル・円が同ゾーンを越えてくれば相場のもみ合い色が強まりそう。日足雲下限付近、109.90/110.00ゾーンが重くなると見られる。


2020/03/31(火) 10:23 JST
ユーロ・ドルは1.0638から反転上昇したあと先週末に1.1148まで買い戻されたが、昨日は伸び悩んだ。結果、3本の移動平均線に絡みつく展開となった。

[1.1495⇒1.0638]の下落に対する61.8%戻しが1.1168であることを考慮すれば、まだ上値余地を見込んでおく必要がある。同水準を越えてくると相場の大幅、急変動にありがちな76.4%戻し、1.1293への上値リスクに要注意だ。

下値に関しては時間足上のサポートラインに注目。これが破られるとユーロ反発の一服感が広がりやすくなる。さらに1.0954も破られると上値が一段と重くなるため、1.0800近辺への下落リスクに気をつけたい。


2020/03/29(日) 22:32 JST
ドル・円は111円台半ば付近で伸び悩んだあと反落に転じ、金曜日には107.75まで下落する場面があった。21日移動平均線(107.71)がうまくサポートの役目を果たしたようだ。

21日線は目先、107.65/75レベルで推移しそう。ちょうど、[101.18⇒111.71]の上昇に対する38.2%戻し(=107.69)に相当する水準だ。同水準で一旦、ドル下落にブレーキが掛かりやすいと見られるが、強めの陰線が2本連続して出ている状況にあっては先行きの下値リスクに油断ができない。21日線が破られると61.8%戻しに相当する、105.00/20ゾーンへの下値余地に要警戒だ。

上値に関してはが109.00/10ソーンがレジスタンス。破られると次のレジスタンスと見られる日足雲下限付近、109.95/110.00レベルへの続伸リスクに気をつけたい。


過去記事のページへ


[ご注意]

ここに述べた見解はすべて当サイト管理者個人の意見です。言うまでもないことですが、相場という性格上、記述の正確性及び信用性を保証するものではありません。また、記事の主張内容は通告なく変更されることがあります。相場においてはすべて各自の責任で行動されるようお願いします。当サイトが提供する情報が読者の投資行動に影響を与えたとしても、その結果生じた不利益に対し当サイト管理者は一切、責を負わないことをご承知おき下さいますようお願いします。