テクニカル分析最新記事

2017/01/22(日) 21:54 JST

1/231/241/25
雲の上限114.33114.56114.98

ドル・円は先週木、金曜日と115円台に乗せる場面があったが、終値はまだ115.00レベルを越えていない。左図に示した抵抗線(チャンネル上限)もクリアに越えておらず上値を伸ばす態勢に入ったとは言いがたい状況だ。

ドル・円は急速に上がってくる日足雲の上限がうまくサポートになって相場を下支えている。ドル・円が雲の上で推移していれば自ずと抵抗線を上回ってきそうだ。そうなれば上値を窺う流れが期待できるが、115円台後半を下がってくる21日移動平均線を突破しないことには流れに弾みがつかない。

ドル・円が雲の上限を下回ると上値が重くなりそう。ただ、地合いを破壊するような致命的なシグナルではないので下値リスクが急激に高まることはないのでは。113円台半ばから後半が固くなると見られる。しかし、予想に反して下げ幅を拡大、113.30レベルが破られると112.60を再び試す動きに警戒したい。


DMM FXは初心者向け


2017/01/20(金) 10:06 JST
ユーロ・ドルは火曜日に1.0720をつけたあと伸び悩む展開となっているものの、下値は今のところしっかりしている。日足雲の下限が本日は1.0633に位置。午前10:05現在、ユーロ・ドルは1.0670付近での取引きとなっているので雲の中に入りつつある。相場がチャンネル内にとどまる限り上値をトライする流れは続く。しかし、チャンネル下限を下回りさらにその下にある21日移動平均線も下抜くようだと反発ムードは後退する。

他方、上値に関しては1.0720突破後のターゲットは89日移動平均線。本日はおそらく1.0790付近にあって今後、1.07台後半を下がっていく。同水準付近には想定されるチャンネル上限や日足雲の下限もあって強い抵抗帯を形成しそう。1.0800近辺で一旦、ユーロの上昇に歯止めが掛かるのではなかろうか。


2017/01/19(木) 10:13 JST

1/191/201/23
雲の上限113.86114.12114.33

ドル・円は下値を固めつつあるようだ。一昨日、長い陰線を引いてドル・円は112.60まで下落した。チャンネル下限でなんとか踏み堪えたあと昨日は一転、強い陽線を出し前日の陰線をすべて帳消しにした。日足雲の下限もうまくサポートになったようだ。

ドル・円はまだチャンネル内にあるため、下落トレンドが継続しているとみなせる。したがって、下落トレンドが一巡したと判断する為には相場が同チャンネルから上にはみ出さなければならない。そうなれば当面の底打ちがほぼ確認され21日移動平均線を試す流れとなろう。21日線は金曜日にも116.00近辺へ下がってきそうだ。

下値に関しては日足雲の上限がサポートになって相場を下支えるかどうかに注目。ドル・円が雲上限を下回って雲の中に突入すれば上値が重くなりそう。ただ、相場の流れを逆転させた112円台後半が固くなると見られるので112.60突破は簡単ではなさそうだ。


2017/01/18(水) 10:19 JST
ユーロ・ドルはじりじりと上値を伸ばす展開。昨日は1.07台に乗せ一時、1.0720をつけた。遅行スパンが日々線を越えているのでさらに上値を追いやすい状況。ここから上、目指すターゲットは1.07台後半から1.0800近辺にかけてのゾーンだ。同ゾーンには日足雲の下限(本日は1.0793)、89日移動平均線、想定されるチャンネル上限(詳しくはこちら)がある。非常に強い抵抗帯になると予想されるのでユーロ上昇は一旦、歯止めが掛かるのではなかろうか。しかし、予想に反して破られると1.0875が狙われる。

下値に関しては1.0580レベルがサポート。これが破られるとチャンネル下限、または1.05台を上がってくる21日移動平均線が試される。ユーロの堅調地合いが維持されるかどうかを見極めるのに大事な局面となろう。


過去記事のページへ


[ご注意]

ここに述べた見解はすべて当サイト管理者個人の意見です。言うまでもないことですが、相場という性格上、記述の正確性及び信用性を保証するものではありません。また、記事の主張内容は通告なく変更されることがあります。相場においてはすべて各自の責任で行動されるようお願いします。当サイトが提供する情報が読者の投資行動に影響を与えたとしても、その結果生じた不利益に対し当サイト管理者は一切、責を負わないことをご承知おき下さいますようお願いします。