エリオット波動、一目均衡表など為替相場のテクニカル分析に主眼を置いた情報サイトです。
28526805
本日:1278 昨日:1049
市場概況

2016/09/24(土)
08:51 JST USD/YEN=--- EUR/USD=--- NY金=$--- NY原油先物=$---
NY市場ドル・円は101.00を挟んでもみ合い。NY市場オープン後、ドル・円は100.70/75レベルでサポートされて101.10近辺へ上昇した。ローゼングレン・ボストン連銀総裁が年内の利上げを主張したことが材料視された。しかし、市場の反応は限定的で101円台前半では値ごろと見たドル売りが持ち込まれドル・円の上値は重かった。ドル・円は101.17をつけたあと101.00近辺でNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは1.12台前半で方向感のはっきりしない展開。ユーロ売りに押される場面があったが、1.1200/05レベルでサポートされてユーロ・ドルは1.1240へ上昇したあと小反落。1.1225近辺でNY市場をクローズ。

2016/09/23(金)
20:46 JST USD/YEN=100.85 EUR/USD=1.1215 NY金=$1337.95 NY原油先物=$46.12
東京市場午後から欧州市場にかけてドル・円は上値がやや重い。ドル・円は101.20/25レベルで伸び悩み100.77付近へ下落。同水準で下げ止まって101.10レベルへ反発したものの、欧州勢の売りに押されて100.69近辺へ反落した。ユーロ・ドルは小じっかり1.1195/1.1200レベルでサポートされて1.1225付近へ上昇した。

12:17 JST USD/YEN=101.13 EUR/USD=1.1195 NY金=$1334.83 NY原油先物=$45.82
東京市場ドル・円は円高修正の動きが継続。寄り付き後、ドル・円は100.70付近でサポートされて上昇に転じた。値ごろ感からのドル買いに加えてポジション調整と見られるショートカバーが入るとドル・円は101.25付近まで上昇するば面があった。ユーロ・ドルは1.12台を維持できず。1.1210付近で伸び悩んで1.1195レベルへ下落した。

08:50 JST USD/YEN=100.80 EUR/USD=1.1208 NY金=$1337.24 NY原油先物=$46.07
NY市場ドル・円は下落の流れが一服。NY市場オープン後、ドル・円は100.55付近で下値を固めたあと反発。一時、100.93をつける場面があった。FOMC後のドル売りが一巡したとの見方が広がったことから行き過ぎた円高を修正する動きが優勢だった。加えて、12月の利上げに備えて押し目でドルを買う動きもあったようだ。NY市場引けは100.75レベル。ユーロ・ドルは上値が重い。一時、1.1258まで上昇したものの、値ごろ感からのユーロ売りに押されて反落。1.1200付近へ下落したあと1.1205/10レベルでNY市場の取引きを終えている。

2016/09/22(木)
20:54 JST USD/YEN=100.78 EUR/USD=1.1235 NY金=$1334.72 NY原油先物=$45.98
欧州市場ドル・円は100円台後半での取引き。米利上げ見送り後のドル売りの流れが一巡したとの見方から利食いやポジション調整によるドルの買戻しが優勢となりドル・円は100.86付近へ反発した。ただ、同水準ではドルの戻りを狙った売りが持ち込まれドル・円は伸び悩んでいる。ユーロ・ドルは堅調地合い。一時、1.12台半ばへ上昇する場面があった。

16:29 JST USD/YEN=100.52 EUR/USD=1.1233 NY金=$1333.39 NY原油先物=$45.81
アジア市場でドル・円は100円台前半で下げ渋った。昨日のNY市場でドルが売られた流れを引き継ぎドル・円は軟調地合い。一時、100.10近辺まで下落した。同水準で売りの流れが一巡すると100.47付近へ反発。再び売り圧力に晒されたものの、100.20レベルで下げ止まった。欧州勢が市場に参入し始めるとドル・円は100円台半ばを回復した。ユーロ・ドルは1.12台へ上昇。1.1185付近で下値を固めたあと昨日の高値水準、1.1200レベルを上抜けるとストップロスを伴って上昇を加速。1.1240レベルに接近した。

08:53 JST USD/YEN=100.33 EUR/USD=1.1191 NY金=$1333.97 NY原油先物=$45.59
NY市場では米利上げ見送りで円高が一段と進行。NY市場オープン後、FOMCの結果を見守りたいとのムードが広がる中、ドル・円は100円台後半で落ち着いた値動きだった。NY市場の午後になってFOMC終了後、FRBは金融政策に変更がないことを発表。このあとドル・円は100.40/101.00ゾーンを中心に売り買いが激しく交錯したが、徐々にドル売りが優勢となった。FRBが金利見通しで年内利上げペースを1回に、来年度の利上げペースも後退させたことがドル売りを誘った。ドル・円は100.31をつけたあとこの日の安値圏でNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルはFOMCを受けてユーロ買いが優勢となり1.1200レベルに迫ったが、同水準に届かず高値は1.1197どまり。安値は1.1134付近だった。NY市場引けは1.1185/90レベル。

経済指標
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー
トレイダーズ証券[みんなのFX]