エリオット波動、一目均衡表など為替相場のテクニカル分析に主眼を置いた情報サイトです。
2014/10/21 11:09 東京金取(クリック365)建て玉のデータを更新しました。
2014/10/21 11:03 テクニカル分析最新記事を更新しました。
2014/10/21 10:36 チャート/データを更新しました。
2014/10/19 22:23 テクニカル分析最新記事を更新しました。
27063039
本日:2761 昨日:2923
為替掲示板
チャートの最後は 2014/10/21午後9時台
為替相場情報
市場概況 このページのトップ
2014/10/21(火)
21:08 JST USD/YEN=106.70 EUR/USD=1.2771 NY金=$1249.08 NY原油先物=$82.06
欧州市場ドル・円はドルの買い戻しが優勢。米長期金利の急上昇と日経平均先物の反発を背景にドル・円は一時、106.92近辺まで上昇する場面があった。ユーロ・ドルは反落。1.2840付近で頭打ちとなり一時、1.2745レベルへ反落した。米長期金利の上昇がユーロ売り圧力を強める結果となった。

16:52 JST USD/YEN=106.51 EUR/USD=1.2838 NY金=$1252.78 NY原油先物=$82.51
東京市場午後のドル・円は下げ一服。株安に伴なうドル・円の下落の流れは 106.25付近で一巡。東京株式市場引け後に日経平均先物が反発するとドル・円は 106.54付近へ反発した。ユーロ・ドルは堅調地合いが継続。1.2810付近で下値を固めたあと 1.2840レベルへ上昇する場面があった。

12:47 JST USD/YEN=106.55 EUR/USD=1.2805 NY金=$1247.15 NY原油先物=$81.98
東京市場ドル・円は軟調地合い。昨日の大幅高の反動で日経平均株価が寄り付き後から利食い売りに押される展開となったことを受けてドル・円も売り圧力を被った。ドル・円は 106.90付近で寄りついたあと 106円台半ば付近まで売られた。ユーロ・ドルは底固い値動き。1.2790付近でサポートされて 1.2810近辺へ上昇する場面があった。

2014/10/20(月)
20:46 JST USD/YEN=106.88 EUR/USD=1.2775 NY金=$1245.61 NY原油先物=$82.21
欧州市場でドル・円は 107円台を維持できず。日経平均先物の小幅下落と米長期金利の低下を材料にドル売りが優勢。ドル・円は 107.18付近で頭打ちとなり 106.83付近へ下落する場面があった。ユーロ・ドルは底固い値動き。1.27台半ば付近でサポートされたあと一時、1.2790レベルへ上昇した。

16:40 JST USD/YEN=107.10 EUR/USD=1.2763 NY金=$1242.75 NY原油先物=$82.54
東京市場午後のドル・円は 107円台前半でやや上値が重い。株高を背景としたドル上昇は 107.40付近で一巡。米長期金利が小緩んだことからドル・円はドル・円はじりじりと下値を切り下げ 107.08付近へ下落した。ユーロ・ドルは軟調地合いが継続して 1.2730付近まで下げ幅を拡大したが、その後は買い戻されて 1.2765近辺を回復する場面があった。

13:02 JST USD/YEN=107.35 EUR/USD=1.2757 NY金=$1235.77 NY原油先物=$82.35
東京市場ドル・円は株高を受けて 107円台前半で堅調地合い。GPIF運用する資産のうち、現在12%を占める日本株投資の比率を20%まで高めるとの観測を背景に日経平均株価が大幅高で寄りついた。日経平均株価は上げ幅を拡大して上げ幅は一時、前日比 500円を超えた。市場のリスク選好ムードが高まる中、早朝からドル買いが先行。ドル・円は寄り付き後、107円台前半で堅調に推移したあと 107.40レベルに迫った。ユーロ・ドルはリスク選好ムードを受けてユーロ買いが先行したが、1.2770付近で伸び悩んだ。

2014/10/17(金)
20:53 JST USD/YEN=106.43 EUR/USD=1.2825 NY金=$1238.95 NY原油先物=$83.78
欧州市場ドル・円は米長期金利と日経平均先物の上昇にサポートされて堅調地合いとなったが、106.60近辺では値ごろ感からのドル売りに阻まれて上げ渋った。ユーロ・ドルは 1.2780付近で下値を固めて 1.2835付近へ上昇したが、ユーロ買いの流れは短命に終わり 1.28台前半でもみ合い。

16:45 JST USD/YEN=106.42 EUR/USD=1.2789 NY金=$1239.23 NY原油先物=$82.83
東京市場午後のドル・円は 106円台前半で方向感が出ず。軟調地合いの日経平均株価が引けにかけて下げ幅を拡大。終値は前日比-205.87となった。株安を受けてドル・円は上値の重い流れが続いてたが、106.15近辺で底固く推移。東京株式市場終了後、日経平均先物が反発するとドル・円は連動して 106.40レベルに迫った。ユーロ・ドルは 1.2810付近で上げ渋り 1.2780レベルへ下落する場面があった。

12:55 JST USD/YEN=106.18 EUR/USD=1.2796 NY金=$1238.76 NY原油先物=$82.99
東京市場ドル・円は 106円台前半で上値が重い展開。NY市場引け後からドル買いが先行して朝方にドル・円は 106円台半ばへ上昇した。ただ、その後は売りに押される流れ。小高く寄った日経平均株価が下落するに連れてドル・円もじりじりと下値を切り下げ 106.14付近まで売られた。ユーロ・ドルは狭いレンジで軟調地合い。1.2815付近で伸び悩んだあと 1.2795付近へ下落した。

08:52 JST USD/YEN=106.42 EUR/USD=1.2804 NY金=$1238.42 NY原油先物=$83.08
NY市場ドル・円は下げ止まって反発。NY市場オープン後、ドル・円は 105.60/65レベルで底固く推移した。米新規失業保険申請件数が市場予想を下回り、米鉱工業生産指数とフィラデルフィア連銀景況指数がいずれも予想を上回った。強めの指標を受けてドル買いが優勢となる中、ドル・円は戻り売りをこなしながら 106.45まで上昇。106.30/35レベルでNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは 1.2730/35レベルでサポートされたあと 1.2840へ上昇。引けにかけて小緩んで 1.2805/10レベルでNY市場をクローズ。




■シカゴ筋
■東京金取
■為替統計データ
■エリオット波動
■日銀介入実績
■通貨コンバータ
■ギャン
■業界用語
■リンク
米経済指標 このページのトップ
日付指標結果予想前回
10/17住宅着工件数1017K1022K957K
10/17建築許可件数1018K1040K1003K
10/17ミシガン大学消費者信頼感指数速報値86.484.084.6
10/21中古住宅販売-5.10M5.05M
10/22消費者物価指数-0.1%-0.2%
10/22消費者物価指数(コア部分)-0.1%0.0%
10/23新規失業保険申請件数-280K264K
10/23景気先行指標-0.6%0.2%
10/24新築住宅販売件数-470K504K

トップ | 最新記事 | チャート/データ | リアルタイム・レート | 外貨預金 | レンジ予想 | チャート・パターン | サイトマップ
copyright(c) KOIKE, Shin_ichi E-mail