エリオット波動、一目均衡表など為替相場のテクニカル分析に主眼を置いた情報サイトです。
28487130
本日:1036 昨日:1838
市場概況

2016/09/01(木)
13:00 JST USD/YEN=103.26 EUR/USD=1.1156 NY金=$1309.87 NY原油先物=$44.95
東京市場ドル・円は103円台前半で小幅な値動き。寄り付き後、ドル・円は103.25/30レベルで伸び悩み103.07付近へ下落したが、押し目買いにサポートされて反発。103.30レベルを回復する場面があった。ユーロ・ドルは模様眺め。1.1155/60レベルを中心にその前後の狭いレンジで落ち着いた値動きとなっている。

09:02 JST USD/YEN=103.26 EUR/USD=1.1154 NY金=$1309.56 NY原油先物=$44.83
NY市場ドル・円は103円台半ば付近で伸び悩み。NY市場オープン後に発表されたADP雇用リポートでは非農業部門雇用者数が市場予想を若干上回り前月分が上方修正された。これを受けてドル買いが強まりドル・円は103.54をつけた。同水準では値ごろ感からのドル売りが優勢。シカゴ購買部協会指数が予想を下回ったことも響いてドル買いの勢いが削がれドル・円は反落したものの、103.25付近で底固く推移。103.40/45レベルでNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルはNY市場オープン後に1.1123まで売られたが、その後はユーロを買い戻す動きが優勢となり1.1166まで反発した。NY市場引けは1.1155/60レベル。

2016/08/31(水)
20:59 JST USD/YEN=103.28 EUR/USD=1.1134 NY金=$1313.29 NY原油先物=$45.97
欧州市場ドル・円は103円台前半で下値しっかり。値ごろ感からのドル売りに上値がやや重いものの、断続的なドル買いに支えられてドル・円はじり高に推移。103.35レベルを試す流れとなっている。ユーロ・ドルは1.1130付近で下げ止まって反発に転じたが、1.1150レベルを越えられず。上値の重い流れが継続中。

16:26 JST USD/YEN=103.21 EUR/USD=1.1139 NY金=$1313.00 NY原油先物=$46.30
東京市場午後のドル・円は103円台前半で小じっかり。一時、103.00を割り込む場面があったが、押し目でのドル買い意欲は旺盛でドル・円は103円台を回復後、じりじりと上昇。103.30付近まで買い進まれた。ユーロ・ドルは軟調地合い。1.1160付近で上げ渋ったあと1.1130レベルへ下落する場面があった。

12:54 JST USD/YEN=103.03 EUR/USD=1.1154 NY金=$1314.71 NY原油先物=$46.31
東京市場ドル・円は103円台へ上昇。102.85/90レベルで寄り付いたあとドル買いが先行してドル・円は103.23まで上昇した。米利上げ観測を背景に昨日の市場でドルが買われた流れを引き継いだ。103円台では国内輸出筋を中心としたドル売りが持ち込まれドル・円は102.90付近へ下落したものの、押し目買いにサポートされてドル・円は再び103円台を回復した。ユーロ・ドルは1.11台半ば付近で小動き。1.1135/60レンジを中心に小じっかりの展開となっている。

09:01 JST USD/YEN=102.91 EUR/USD=1.1147 NY金=$1312.45 NY原油先物=$46.26
NY市場ドル・円は一時、103円台。早期の米利上げ観測を背景にNY市場オープン時からドル買いが先行した。ドル・円は102.30付近から103.14まで上昇した。フィッシャー・FRB副議長がテレビインタビューで利上げペースは経済情勢次第で複数回あり得る旨、発言したことがドル買いを誘う結果となった。103円台では値ごろと見たドル売りが優勢でドル・円は伸び悩んだ。NY市場引けは102.95付近。ユーロ・ドルは米利上げ観測の高まりを背景に軟調地合い。1.1170付近で上げ渋ったあと1.1133まで下落する場面があった。NY市場引けは1.1140/45レベル。

2016/08/30(火)
21:03 JST USD/YEN=102.33 EUR/USD=1.1165 NY金=$1320.72 NY原油先物=$47.32
欧州市場ドル・円は小幅もみ合いで方向感が出ず。戻り売りと押し目買いに挟まれドル・円は102.20/40ゾーンを中心に売り買いが交錯して方向性のはっきりしない相場展開。ユーロ・ドルも1.1160/75ゾーンを中心に小刻みな売り買いが交錯している。

16:54 JST USD/YEN=102.34 EUR/USD=1.1170 NY金=$1320.75 NY原油先物=$47.16
東京市場午後のドル・円は下値しっかりの展開。午後になってやや伸び悩んだドル・円は102.05近辺で底固く推移。米早期利上げ期待を背景にドル買いが優勢となる中、下値をじりじりと切り上げた。欧州勢もドル買いで参入するとドル・円は102.45レベルに接近する場面があった。ユーロ・ドルは軟調地合いが継続。1.1175付近で上げ渋ったあと1.1156付近へ下落する場面があった。

13:03 JST USD/YEN=102.07 EUR/USD=1.1172 NY金=$1323.66 NY原油先物=$47.09
東京市場ドル・円は102円台を回復。101.85付近で寄り付いたあとドル売りが先行してドル・円は101.76をつけたが、その後はドル買いが優勢となりドル・円は102.25レベルへ反発した。しかし、その後の買いが続かず上げ渋ったあとドル・円は102.05付近へ反落する場面があった。ユーロ・ドルは1.11台後半で上値が重い。1.1190付近で上げ渋ったあと1.1168付近へ下落した。

09:03 JST USD/YEN=101.80 EUR/USD=1.1189 NY金=$1324.28 NY原油先物=$46.98
NY市場ドル・円は102円台を維持できず。NY市場オープン後、ドル・円は102.30近辺で上げ渋り下落に転じた。先週金曜日に急上昇していた米長期金利が低下するとドル売りが優勢となりドル・円は101.86まで下落。同水準で下げ止まったものの、反発が弱いまま101.90付近でNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルはNY市場オープン後にこの日の安値1.1158をつけた。その後は米長期金利の低下を受けてユーロを買い戻す動きが優勢となった。ユーロ・ドルは1.1193をつけたあと1.1185/90レベルでNY市場をクローズ。

経済指標
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー
トレイダーズ証券[みんなのFX]