エリオット波動、一目均衡表など為替相場のテクニカル分析に主眼を置いた情報サイトです。
27788824
本日:1688 昨日:2765
市場概況

2015/09/03(木)
17:05 JST USD/YEN=120.36 EUR/USD=1.1235 NY金=$1132.87 NY原油先物=$45.96
東京市場午後のドル・円は120円台前半でもみ合い。120.50を割り込んだあと上値の重い流れが続いていたドル・円は日経平均株価が上げ幅を大幅に縮小する動きに影響され120.20近辺へ反落。しかし、下落の流れは長続きせずドル・円は120.45レベルへ反発する場面があった。ユーロ・ドルももみ合い。大方の取引きが1.1215/40レンジに集中。方向感の見極めにくい展開となっている。

12:41 JST USD/YEN=120.64 EUR/USD=1.1218 NY金=$1133.07 NY原油先物=$46.11
東京市場ドル・円は120円台で堅調地合い。日経平均株価の高寄りに連動してドル・円は小高く始まったが、120.69付近で伸び悩んだ。日経平均株価が上げ幅を縮小するとドル・円は120.36付近へ反落。しかし、東京株式市場が再び上昇するに連れてドル・円は120.70レベルを試す流れになっている。ユーロ・ドルは軟調地合いで始まったが、1.1205付近でサポートされて反発。一時、1.1225付近まで回復する場面があった。

08:48 JST USD/YEN=120.63 EUR/USD=1.1214 NY金=$1133.68 NY原油先物=$46.24
NY市場ドル・円は株高を背景に堅調地合い。NY市場オープン後に発表されたADP雇用リポートでは非農業部門雇用者数が市場予想(+200,000)を若干下回る+190,000だったが、これに対する市場の反応は鈍かった。ドル・円は119.95/120.30ゾーンを中心にもみ合う流れが続いた。ただ、NYダウと米長期金利の上昇を材料にドル・円は下値しっかりの展開となり120.30/35レベルでNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは上値が重かった。1.1275付近で頭打ちとなり売り買いが交錯する中を1.1222近辺へ下落。一旦は下げ止まったものの、1.12台半ばで上げ渋り引けにかけて再び売られこの日の安値1.1216をつけたあと1.1225付近でNY市場をクローズ。

2015/09/02(水)
20:38 JST USD/YEN=120.10 EUR/USD=1.1262 NY金=$1139.51 NY原油先物=$44.70
欧州市場ドル・円は方向感のはっきりしない展開。日経平均先物の下落に合わせてドル・円は119.70付近へ下落したが、同水準の買いオーダーに支えられて下げ渋った。このあと反発に転じてドル・円は120.15付近を回復する場面があった。ユーロ・ドルは1.1240/45レベルでサポートされて反発したものの、1.1290/95レベルで伸び悩み1.12台後半での取引きとなっている。

16:36 JST USD/YEN=120.08 EUR/USD=1.1245 NY金=$1141.64 NY原油先物=$44.78
東京市場午後のドル・円は120円台前半を中心にもみ合い。日経平均株価が一時、300円を超える上昇を見せたが、急速に上げ幅を縮小して引けは前日比-70.29の18,095.40。ドル・円は120.30付近で頭打ちとなり120円割れまで下落する場面があった。しかし、押し目でのドル買いにサポートされて120円台を回復した。ユーロ・ドルは1.1290付近で伸び悩んだあと1.1245付近へ下落。上値の重い流れが続いている。

12:48 JST USD/YEN=120.23 EUR/USD=1.1277 NY金=$1138.63 NY原油先物=$44.37
東京市場ドル・円は120.00を挟んでもみ合い。前日比300円以上、下げて寄り付いた日経平均株価が急速に反発。前日比プラス圏を回復する動きに連動してドル・円は119.75付近から120円台半ば付近まで上昇した。同水準で上げ渋って一旦は120.00を割り込んだが、日経平均株価の上げ幅拡大、上海株式市場の反発を材料にドル・円は120.25近辺を回復している。ユーロ・ドルは上値が重い。1.1300付近で上げ渋ったあとドル・円の上昇に煽られ1.1260レベルへ反落。このあと反発に転じたが、1.1290付近で頭打ちとなった。

09:07 JST USD/YEN=119.90 EUR/USD=1.1289 NY金=$1138.37 NY原油先物=$44.33
NY市場でもリスク回避の動きが強まりドル・円は軟調地合い。NY市場オープン後、ドル・円は120.18付近で伸び悩み下落に転じた。NY株式市場も下落して世界的な株安を背景にリスク回避ムードが高まった。8月ISM製造業景況指数が市場予想を下回ったことも響いてドル・円は119.26まで下落した。同水準で下げ止まってドル・円は引けにかけて買い戻されたが、上値が重いまま119.35/40レベルでNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルはNY市場オープン後、1.1235付近でサポートされて1.1320付近まで上昇した。リスク回避の動きが鮮明となる中、米長期金利が低下。ユーロが買われやすい流れとなった。NY市場引けは1.1315付近。

2015/09/01(火)
20:32 JST USD/YEN=120.04 EUR/USD=1.1262 NY金=$1142.46 NY原油先物=$48.22
欧州市場ドル・円は下げ一服。アジアの株式市場に続いて欧州株式市場も下落。リスク回避ムードの高まりを背景にドル・円は一時、119.55付近まで売り込まれた。しかし、同水準で下落の流れが一巡するとその後はドルを買い戻す動きが優勢。ドル・円は120.25レベルへ反発する場面があった。ユーロ・ドルは1.1331付近で頭打ちとなり反落。1.1253付近まで下落した。

16:57 JST USD/YEN=120.10 EUR/USD=1.1320 NY金=$1143.61 NY原油先物=$47.29
東京市場午後のドル・円は続落。ドル・円は120.90付近で伸び悩んだあとじりじりと下値を切り下げる展開。日経平均株価が前日比724円の大幅安を演じたあと、日経平均先物が一段と下げ18,000レベルを割り込んだ。株安の流れを嫌ってドル売りが活発化。ドル・円は120.00近辺へ下げ幅を拡大した。ユーロ・ドルは1.13台を回復。ドル・円の下落に歩調を合わせてドル売り、ユーロ買いが優勢。1.1260付近で下値を固めたあと1.1330付近へ上昇する場面があった。

13:01 JST USD/YEN=120.87 EUR/USD=1.1268 NY金=$1141.71 NY原油先物=$47.68
東京市場ドル・円は株式市場の下落に連動して軟調地合い。ドル・円は121.10付近で寄り付いたあと日経平均株価の下落に影響され早々に121.00を割り込んだ。さらに上海株式市場の大幅下落でリスク回避ムードが強まる中、ドル・円は120.59まで下げ幅を拡大した。同水準で下落の流れが一服したものの、ドル・円の戻りは鈍く120.85レベルで伸び悩んでいる。ユーロ・ドルは堅調地合い。1.1225付近で寄り付いたあとコンスタントなユーロ買いに支えられて1.1277近辺まで上昇する場面があった。

08:58 JST USD/YEN=121.10 EUR/USD=1.1225 NY金=$1134.71 NY原油先物=$47.63
NY市場ドル・円は121円台前半での値動き。株式市場が落ち着いてきたことからドル・円も波乱のない展開。ただ、NYダウが前日比マイナス圏にとどまった影響でドル・円の上値はやや重かった。取引きレンジは121.08/42だった。ユーロ・ドルはNY市場オープン後、1.1240/45レベルで伸び悩み1.1180へ下落したが、売りの流れは続かず。引けにかけて買い戻され1.1240レベルを回復したあと1.1210近辺でNY市場の取引きを終えている。

経済指標
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー
トレイダーズ証券[みんなのFX]