エリオット波動、一目均衡表など為替相場のテクニカル分析に主眼を置いた情報サイトです。
2014/08/23 09:32 レンジ予想結果ランキング発表。
2014/08/23 09:29 シカゴ筋ポジションのデータを更新しました。
2014/08/23 09:25 チャート/データを更新しました。
2014/08/22 10:27 テクニカル分析最新記事を更新しました。
26923465
本日:880 昨日:2392
為替掲示板
チャートの最後は 2014/08/23午前5時台
為替相場情報
市場概況 このページのトップ
2014/08/23(土)
08:59 JST USD/YEN=--- EUR/USD=--- NY金=$--- NY原油先物=$---
NY市場ドル・円は一時、104円台。イエレンFRB議長の講演を受けてドル買いが活発化した。同議長は講演で、米雇用市場の改善が予想以上に進むようであれば利上げが早まる可能性を指摘した。利上げに慎重な姿勢を見せていたイエレン氏が一歩踏み込んだ発言をしたことから市場の早期利上げ観測が強まった。ドル・円は一時、104.20へ上昇する場面があった。104円台前半では利食いや値ごろ感からのドル売りが優勢でドル・円は 103.85付近へ反落したものの、押し目買いにサポートされて底固く推移。103.90/95レベルでNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルはイエレン議長の講演を受けて 1.3220まで下落。その後はユーロを買い戻す動きが優勢となったが、1.3260付近で伸び悩んだ。NY市場引けは 1.3240近辺。

2014/08/22(金)
20:42 JST USD/YEN=103.70 EUR/USD=1.3269 NY金=$1281.03 NY原油先物=$93.68
欧州市場ドル・円はイエレンFRB議長講演前のポジション調整が進行。昨日の安値 103.60を下抜けるとストップロスを巻き込みながら 103円台半ばへ下落した。しかし、この直後にまとまったドル買いが持ち込まれドル・円は急反発。103.70近辺での取引きとなっている。ユーロ・ドルは軟調地合い。1.3290/95レベルで頭打ちとなり 1.3265付近へ下落した。

16:38 JST USD/YEN=103.76 EUR/USD=1.3284 NY金=$1279.34 NY原油先物=$93.58
東京市場午後のドル・円は 103円台後半でもみ合い。午前の流れを引き継ぎドル・円は 103.68付近へ続落した。イエレンFRB議長の講演を控えてポジション調整の動きが入った。ただ、押し目でのドル買いも持ち込まれ 103.80近辺を回復する場面があった。ユーロ・ドルは 1.3295付近へ上げ幅を拡大したあと1.3275近辺へ反落した。

12:58 JST USD/YEN=103.77 EUR/USD=1.3284 NY金=$1278.82 NY原油先物=$93.81
東京市場ドル・円は 103円台で上値がやや重い展開。寄り付き後、ドル買いが先行してドル・円は 103.96付近へ上昇したが、値ごろ感からのドル売りに阻まれて伸び悩んだ。小高く寄った日経平均株価が上げ幅を縮小するにつれてドル・円はじりじりと下値を切り下げ 103.76付近へ下落する場面があった。ユーロ・ドルは寄り付き後、1.3275近辺でサポートされたあと 1.3284付近へ上昇。ここ数日、売られすぎたユーロを買い戻す動きがやや優勢となっている。

09:11 JST USD/YEN=103.91 EUR/USD=1.3277 NY金=$1277.71 NY原油先物=$93.85
NY市場ドル・円は 103円台後半での取引き。NY市場オープン後に発表された米新規失業保険申請件数が市場予想を下回った。7月米中古住宅販売件数、8月フィラデルフィア連銀景況指数、7月米景気先行指数がいずれも予想を大幅に上回った。ドル買いが強まる場面があったが、利食いやポジション調整のドル売りが持ち込まれドル・円は 103.60へ下落する場面があった。しかし、押し目でのドル買い意欲は強くドル・円は引けにかけてじり高に推移。103.85近辺でNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルはNY市場オープン後、1.3255/60レベルでサポートされてこの日の高値 1.3288まで上昇した。米経済指標が好調だったが、これまでのユーロ下落の流れを修正する動きが勝ってユーロ・ドルは堅調に推移。1.3280近辺でNY市場を引けている。

2014/08/21(木)
21:04 JST USD/YEN=103.84 EUR/USD=1.3262 NY金=$1279.54 NY原油先物=$92.71
欧州市場ドル・円は 103円台後半でもみ合い。上値を窺う動きがあるものの、103.90近辺の売りオーダーに阻まれて伸び悩む展開。ただ、市場の押し目買い意欲は強くドル・円は 103.75/80レベルでサポートされた。ユーロ・ドルは概ね 1.3260/75ゾーンを中心に小刻みな売り買いが交錯。

16:31 JST USD/YEN=103.77 EUR/USD=1.3270 NY金=$1279.78 NY原油先物=$93.20
東京市場午後のドル・円は 103円台後半で上げ渋り。103.90近辺のドル売りオーダーに阻まれてドル・円は上値の重い展開。日経平均株価が上げ幅をやや縮小したことも響いて 103.73近辺へ小反落した。ユーロ・ドルは下げ一服。1.3243付近で底固く推移したあとショートカバーの動きが優勢。1.3270近辺を回復した。

13:04 JST USD/YEN=103.90 EUR/USD=1.3243 NY金=$1287.33 NY原油先物=$93.29
東京市場後ドル・円は 104.00レベルに接近。FOMC議事要旨を受けてFRBによる利上げ時期が当初予想より早まるとの観測を背景にドルが堅調に推移している。日経平均株価の上昇もドル・円を後押した。ドル・円は 103.70付近で寄りついたあと 103.96近辺まで上昇する場面があった。ユーロ・ドルは 1.3260付近で伸び悩んだあと 1.3250を下抜くとストップロスを誘発して 1.3242付近まで下落した。

08:59 JST USD/YEN=103.70 EUR/USD=1.3259 NY金=$1290.11 NY原油先物=$93.51
NY市場でドル・円は 103円台後半へ。FOMC議事要旨発表を控えて様子見ムードが広がりドル・円はNY市場オープン後、概ね 103.20/40ゾーンでもみ合っていたが、議事要旨発表後にドル・円は上げ幅を拡大した。FOMC議事要旨では雇用の改善が予想外に速いペースで進んでいるとの認識が示され、利上げ時期について当初の想定より早まる可能性が議論されていた。市場はドル買いを積極的に進めた結果、ドル・円は 103.85まで上昇した。同水準で上げ一服となったが、押し目が浅いまま堅調地合いを維持。103.75付近でNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは 1.3280/95レンジを中心としたもみ合いのあと、FOMC議事要旨を受けて 1.3255まで急落。戻りが鈍いまま 1.3260付近でNY市場を引けている。

・利上げ時期めぐる議論が活発化=FOMC議事録(WSJ日本版)




■シカゴ筋
■東京金取
■為替統計データ
■エリオット波動
■日銀介入実績
■通貨コンバータ
■ギャン
■業界用語
■リンク
米経済指標 このページのトップ
日付指標結果予想前回
8/19消費者物価指数0.1%0.1%0.3%
8/19消費者物価指数(コア部分)0.1%0.1%0.1%
8/19住宅着工件数1093K964K945K
8/19建築許可件数1052K1001K973K
8/21新規失業保険申請件数298K308K312K
8/21中古住宅販売5.15M5.00M5.04M
8/21フィラデルフィア連銀景況指数28.015.523.9
8/21景気先行指標0.9%0.7%0.6%

トップ | 最新記事 | チャート/データ | リアルタイム・レート | 外貨預金 | レンジ予想 | チャート・パターン | サイトマップ
copyright(c) KOIKE, Shin_ichi E-mail