エリオット波動、一目均衡表など為替相場のテクニカル分析に主眼を置いた情報サイトです。
29351603
本日:408 昨日:2417
FXブロードネット
市場概況

2017/09/19(火)
20:36 JST USD/YEN=111.48 EUR/USD=1.1969 NY金=$1307.74 NY原油先物=$50.35
欧州市場ドル・円は上値がやや重い。111.80付近で伸び悩んだドル・円はじりじりと下値を切り下げ111.55付近へ下落。一旦は下げ止まって反発に転じたものの、111.70レベルを越えられずに再び下値を切り下げ111.48付近へ下げ幅を拡大した。ユーロ・ドルは1.20台が重い。1.2000/05レベルでの売りオーダーに阻まれ1.19台半ばへ反落した。

16:46 JST USD/YEN=111.78 EUR/USD=1.1990 NY金=$1308.37 NY原油先物=$50.20
東京市場午後のドル・円はリスク選好の動きで円安が進行。日経平均株価が前日比+389.88と大幅高となり引けは年初来高値を更新する、20,299.38。ドル・円は111.円台半ば付近でサポートされ株価の上昇に連動する形で111.88付近まで上昇した。ユーロ・ドルは一時、1.20台。ECBの量的金融緩和縮小の思惑を背景にドルや円に対するユーロ買いが優勢。ユーロ・ドルは1.2005付近まで買い進まれる場面があった。

12:42 JST USD/YEN=111.53 EUR/USD=1.1966 NY金=$1308.98 NY原油先物=$49.87
東京市場ドル・円は111円台半ば付近での取引き。ドル・円は111.37付近で下値を固めたあと、日経平均株価の大幅高に煽られリスク選好と称した円売りの動きに111.60レベルへ上昇した。しかし、昨日から上昇していた米長期金利が上げ止まってやや低下したことからドル・円は伸び悩んでいる。ユーロ・ドルは1.19台後半で小じっかり。1.1955/60レベルでサポートされて1.1975レベルを試す流れとなっている。

08:43 JST USD/YEN=111.50 EUR/USD=1.1960 NY金=$1308.65 NY原油先物=$49.87
NY市場ドル・円は111円台半ば付近でもみ合い。NY市場オープン後、ドル・円は111.35付近でサポートされて111.66まで上昇した。19,20日に予定されているFOMCではFRBが保有する金融資産の縮小を決定すると見られ年内利上げを示唆するとの観測が強まった。米長期金利の上昇に歩調を合わせる形でドル買いが優勢となった。値ごろ感からのドル売りに上げ渋る場面があったものの、ドル・円は111.40近辺で底固く推移。111.55/60レベルでNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは1.1967をつけたあと米長期金利の上昇を背景に1.1923へ下落した。しかし、ECBが量的金融緩和金融緩和の規模を縮小するとの観測が広がる中、下値は限定的でユーロ・ドルは引けにかけて小反発。1.1955付近でNY市場をクローズ。

2017/09/18(月)
20:51 JST USD/YEN=111.34 EUR/USD=1.1953 NY金=$1313.88 NY原油先物=$49.65
欧州市場ドル・円は模様眺めムード。111.43付近で上げ渋って下落に転じたが、111.17付近で下げ止まり反発。111.35付近での取引きとなっている。ユーロ・ドルは1.1915レベルでサポートされて1.1968付近を回復後、1.19台半ば付近で推移。

16:57 JST USD/YEN=111.41 EUR/USD=1.1922 NY金=$1314.39 NY原油先物=$50.12
アジア市場ドル・円は111円台前半での値動き。安倍首相が臨時国会冒頭で衆議院を解散するとの観測高まる中、早朝からドル買いが強まった。ドル・円は111円台に乗せたあと111.25付近へ上昇した。韓国国防省から北朝鮮がさらなる弾道ミサイルの試射と核実験を行なう可能性があるとのコメントが伝わったため、ドル・円の上値を追う動きは弱まったが、欧州勢が市場に参入し始めると再びドル買いが優勢となった。ドル・円は111台半ばを試す流れとなっている。ユーロ・ドルは上値がやや重い。朝方から概ね1.1940/55ゾーンでのもみ合いが続いていたが、欧州勢が市場に参入し始めると1.1915レベルへ下落した。

2017/09/16(土)
09:04 JST USD/YEN=--- EUR/USD=--- NY金=$--- NY原油先物=$---
NY市場ドル・円は111円台を維持できず。ポンドやユーロに対する円売り圧力の影響で押し上げられた流れを受けて小高く始まったドル・円は111.25付近から110.62へ下落した。8月米小売売上高や鉱工業生産指数が市場予想を下回ったことがドル売りにつながった。このあと111円台に乗せる場面があったが、上値は重くドル・円は110円台後半の狭いレンジで推移。110.80/85レベルでNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルはNY市場オープン後、買いが先行してこの日の高値1.1988をつけた。ECBが量的金融緩和の規模を縮小するとの観測を背景にユーロ堅調地合いで始まった。しかし、1.20レベルに近い水準では値ごろと見たユーロ売りが優勢でユーロ・ドルは1.1929へ反落。引けにかけて小戻し1.1945付近でNY市場をクローズ。

経済指標
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー
DMM FX