エリオット波動、一目均衡表など為替相場のテクニカル分析に主眼を置いた情報サイトです。
28421090
本日:985 昨日:1894
市場概況

2016/07/23(土)
08:50 JST USD/YEN=--- EUR/USD=--- NY金=$--- NY原油先物=$---
NY市場jドル・円は小じっかりの展開。ドル売りが先行してドル・円が弱含む場面があったが、105.78をつけて下げ止まった。調査会社マークイット発表の米製造業PMI速報値が市場予想を上回ったことが好感されてドル・円は106.40まで上昇した。同水準では値ごろ感からのドル売りが持ち込まれドル・円は上げ渋ったものの、106円台を維持。106.05/10レベルでNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは1.09台へ下落。最近のユーロ関連経済指標が相次いで悪化する中、ユーロ・ドルは1.10台前半でじりじりと下値を切り下げ1.10レベルを下抜けると下げを加速。ドイツ、ミュンヘンで銃乱射事件が発生したとの報を受けてユーロ・ドルは1.0956をつけた。NY市場引けは1.0975/80レベル。

2016/07/22(金)
20:29 JST USD/YEN=106.07 EUR/USD=1.1016 NY金=$1325.36 NY原油先物=$44.83
欧州市場ドル・円は106円台前半で上値がやや重い。ドル・円はじり高に推移したものの、106.27付近で頭打ちとなり106.05レベルへ反落。ユーロ・ドルは1.1040付近で上げ渋って1.1013近辺へ下落した。

16:52 JST USD/YEN=106.11 EUR/USD=1.1021 NY金=$1323.51 NY原油先物=$44.40
東京市場午後のドル・円は106円台を回復。上値の重い流れが続いていたが、ドル・円は105.65付近で下げ渋ってじりじりと上昇。円安の修正は一過性に終わるとの見方が強くドルは底固い流れとなった。欧州勢が市場に参入するとドル・円は106.15近辺まで上げ幅を拡大した。ユーロ・ドルは小動きが継続。目だった手口もなくほぼ1.1015/35レンジ内での取引き。

12:37 JST USD/YEN=105.85 EUR/USD=1.1022 NY金=$1326.04 NY原油先物=$44.80
東京市場ドル・円は105円台後半で小動き。大幅安で寄り付いた日経平均株価が軟調地合いで推移する中、ドル・円は105.95付近で伸び悩んだあと円安調整の動きが優勢となり105.57をつけた。しかし、ドル売りの流れは長続きせずドル・円はじりじりと下げ幅を縮小。105.92近辺まで反発する場面があった。ユーロ・ドルは1.10台前半で小動き。概ね1.1020/33ゾーンでの取引きとなっている。

08:54 JST USD/YEN=105.84 EUR/USD=1.1031 NY金=$1332.42 NY原油先物=$44.65
NY市場ドル・円は106円台を維持できず。黒田日銀総裁がヘリコプター・マネーを否定したとする報道の影響が尾を引いた。ドル・円はNY市場オープン後、106.49をつけたものの、上げ幅を拡大できずに下落に転じた。米新規失業保険申請件数の改善や6月の米中古住宅販売件数の上昇でドルが強含むこともなく円安修正の流れを止められなかった。ドル・円は一時、105.65まで下落する場面があった。NY市場引けは105.80/85レベル。ユーロ・ドルは方向感が定まらず。ユーロ買いが先行してユーロ・ドルは1.1060をつけたものの、1.0980へ反落。しかし、下落の流れも継続せず引けにかけて買い戻され1.1025付近でNY市場の取引きを終えている。

2016/07/21(木)
20:35 JST USD/YEN=106.21 EUR/USD=1.1017 NY金=$1319.72 NY原油先物=$45.55
黒田日銀総裁の発言をきっかけに欧州市場でドル・円は一時、105円台半ば付近へ急落。黒田氏はBBCラジオとのインタビューで、いわゆるヘリコプター・マネーの必要性も可能性もないとの見解を表明した。これをきっかけに市場ではドル売りが殺到。急ピッチの円安に対する修正の動きが一気に噴出してドル・円は105.43付近まで売り込まれた。ドル売り一巡後は値ごろと見たドル買いが持ち込まれドル・円は106.40レベルに接近する場面があった。ユーロ・ドルは方向感が出ず。1.1040付近で伸び悩んだあと1.1005レベルへ反落。しかし、売りの流れも短命に終わり1.10台前半で小動き。

16:46 JST USD/YEN=106.82 EUR/USD=1.1030 NY金=$1318.41 NY原油先物=$45.84
ドル・円は107円台を維持できず。上値の重さが嫌われドル・円は106.87付近へ下落したあと押し目買いにサポートされて107円台に乗せたが107.25付近の売りオーダーに阻まれ頭打ちとなった。じりじりと下値を切り下げると欧州勢がドル売りで参入。ドル・円は下げ幅を拡大して106.75レベルへ売り込まれた。ユーロ・ドルは午前からの流れを引き継ぎ堅調地合いが続いたが、1.1050レベルに届かずに上げ渋る展開。

12:53 JST USD/YEN=107.19 EUR/USD=1.1036 NY金=$1314.25 NY原油先物=$45.93
東京市場ドル・円は一時、107円台半ばへ上昇。年内米利上げ観測の高まり、政府の大型景気対策期待、日銀の追加緩和観測などを材料に背景にリスク選好ムードが強まる中、ドル・円は107.49まで上昇した。ただ、同水準では値ごろと見たドル売りが優勢でドル・円は伸び悩んだあと107.09付近へ反落したが、押し目買いに支えられて下値しっかりの展開となっている。ユーロ・ドルは小じっかり。1.1010近辺でサポートされたあと1.1044付近へ上昇する場面があった。

09:02 JST USD/YEN=107.16 EUR/USD=1.1014 NY金=$1313.00 NY原油先物=$45.69
NY市場ドル・円はリスク選好ムードに乗って一時、107円台に乗せた。ドル・円は106円台半ば付近でサポートされて途中の売りオーダーを吸収しながらじりじりと上昇、107.03をつけた。NYダウが連日高値を更新。リスク選好ムードが高まった。ここに来て年内米利上げ観測が急速に高まっていることもドル・円を押し上げた。さらに来週開かれる日銀会合で追加緩和が打ち出されるとの読みも働いてドル買いが断続的に持ち込まれた。NY市場引けは106.85レベル。ユーロ・ドルは小幅な値動き。NY市場オープン後に1.0992をつけて下げ止まったユーロ・ドルは反発に転じたが1.1030近辺で上げ渋った。その後は1.10台前半で小刻み売り買いが交錯。1.1010付近でNY市場の取引きを終えている。

経済指標
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー
トレイダーズ証券[みんなのFX]