エリオット波動、一目均衡表など為替相場のテクニカル分析に主眼を置いた情報サイトです。
2014/09/20 10:16 レンジ予想結果ランキング発表。
2014/09/20 09:20 シカゴ筋ポジションのデータを更新しました。
2014/09/20 09:13 チャート/データを更新しました。
2014/09/19 10:42 レンジ予想の投票準備ができました。
26988129
本日:1507 昨日:3290
為替掲示板
チャートの最後は 2014/09/20午前5時台
為替相場情報
市場概況 このページのトップ
2014/09/20(土)
08:52 JST USD/YEN=--- EUR/USD=--- NY金=$--- NY原油先物=$---
NY市場ドル・円は 109円台に乗せてクローズ。NY市場オープン後、欧州市場での流れを引き継ぎドル売りが先行。ドル・円は 108.60をつけた。上昇していた米長期金利が低下した動きに連動した。しかし、ドルの先高観は根強くその後はドル買いが優勢となりドル・円は 109.10へ反発。引けにかけて 109.00近辺で売り買いが交錯したあと 109.05付近でNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは軟調地合いが継続。NY市場オープン後、ユーロ買いが先行してユーロ・ドルは 1.2877をつけたが、その後はじり安の展開。引け間際に 1.2828まで下落してそのまま安値圏でNY市場を引けている。

2014/09/19(金)
20:50 JST USD/YEN=108.82 EUR/USD=1.2858 NY金=$1222.60 NY原油先物=$91.74
欧州市場ドル・円は 108円台後半へ反落。109.15付近で伸び悩んでいたドル・円は上値の重さが嫌われてじりじりと下落。109.00を割り込むとストップロスを巻き込む形で 108.80付近へ下げ幅を拡大した。同水準で下げ止まったあとドル・円は概ね 108.80/95レンジを中心に売り買いが交錯している。ユーロ・ドルは軟調地合いが継続。1.29台を維持できずに 1.28台半ば付近へ下落した。

16:25 JST USD/YEN=109.12 EUR/USD=1.2900 NY金=$1222.38 NY原油先物=$91.85
東京市場午後のドル・円は 109円台前半でもみ合い。109.33付近で伸び悩んだあと売りに押される場面があったが、ドル・円は 109.00に届かず押し目買いにサポートされた。ただ、甘利経済相が急激な為替変動に対する懸念を示したことから上値を積極的に追う動きにはならなかった。ユーロ・ドルは軟調地合い。1.2930レベルに接近したものの、戻り売りを食らって反落。一時、1.2885近辺まで売りこまれる場面があった。

・スコットランド独立否決、英国に残留(CNN.co.jp)

・甘利再生相、急激な為替変動は「プラスにならない」(ロイター)

12:48 JST USD/YEN=109.27 EUR/USD=1.2918 NY金=$1227.44 NY原油先物=$91.91
東京市場ドル・円は 109円台半ば近くへ続伸。寄り付き後、ドル・円は 108.75/85ゾーンを中心にもみ合っていたが、午前10時を回ったあたりからドル買いが活発化した。高く寄りついた日経平均株価が上げ幅を拡大して 16,300台へ上昇するとリスク選好ムードを背景にドル・円は 109.45付近へ急騰した。同水準で挙げ渋って一旦は 109.01付近へ反落したものの、ドルの先高観は依然として根強く押し目買いにサポートされてドル・円は 109円台前半で堅調地合いとなっている。ユーロ・ドルは寄り付き後、一時的に 1.2900を割り込む場面があったが、その後はユーロを買い戻す動きが優勢となり 1.2925付近を回復した。

09:08 JST USD/YEN=108.83 EUR/USD=1.2917 NY金=$1223.81 NY原油先物=$92.03
NY市場ドル・円は 108円台後半の狭いレンジでもみ合い。NY市場オープン後に発表された米新規失業保険申請件数が市場予想を下回ったことを材料にドル買いが強まりドル・円はこの日の高値 108.96をつけた。同水準付近では利食いや値ごろ感からのドル売りが優勢でドル・円は 108.60付近へ反落。しかし、米金利上昇予想を背景としたドルの先高観は根強くドル・円は堅調に推移。108.65/70レベルでNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルはNY市場オープン後、1.2855/60レベルでサポートされて反発に転じた。売られすぎたユーロを買い戻す動きが優勢となりユーロ・ドルは 1.2931へ反発後、1.2915付近でNY市場を引けている。

2014/09/18(木)
21:06 JST USD/YEN=108.83 EUR/USD=1.2872 NY金=$1218.11 NY原油先物=$94.23
欧州市場ドル・円は 108円台後半で堅調地合い。利食い売りに押される場面があったが、ドル・円は 108.50近辺でサポートされた。日経平均先物が 16,175近辺まで上昇したことを受けてドル買いが優勢となりドル・円は 108.80レベルを回復した。ユーロ・ドルは急速なユーロ安の修正で 1.29台に瞬間的に乗せる場面があったが、すぐさま売られて 1.2870近辺へ下落した。

17:03 JST USD/YEN=108.54 EUR/USD=1.2884 NY金=$1224.23 NY原油先物=$94.21
東京市場午後のドル・円は 108円台後半で伸び悩み。午前の流れを引き継ぎドル・円は 108.87付近へ上げ幅を拡大したが、急ピッチのドル上昇に対する利食いやポジション調整の動きが入ってドル・円は挙げ渋った。欧州勢が市場に参入し始めるとドル売りが強まりドル・円は 108.54付近へ反落した。ユーロ・ドルは底固い値動き。1.2854近辺で下値を固めたあと 1.2888付近へ反発した。

12:43 JST USD/YEN=108.58 EUR/USD=1.2866 NY金=$1223.72 NY原油先物=$93.74
東京市場ドル・円は 108円台半ば付近で小動き。昨日のドル上昇の流れを引き継ぎドル・円はNY市場引け後からドル買いが先行。寄り付き前に 108.70レベルに迫った。久しぶりの円安水準で輸出筋を中心にドル売りが持ち込まれてドル・円は寄り付き後、108.38付近へ反落。しかし、市場のドル先高観は根強く押し目でのドル買いにサポートされてドル・円は 108円台半ば付近で堅調地合いを維持している。ユーロ・ドルは売りの流れが一服。早朝に 1.2835付近へ下落したが、その後はユーロを買い戻す動きが優勢。一時、1.2873付近を回復する場面があった。

08:56 JST USD/YEN=108.51 EUR/USD=1.2848 NY金=$1219.35 NY原油先物=$93.93
欧州市場ドル・円は 108円台へ急伸。FOMC声明発表前に 107.65付近へ上昇していたドル・円は声明発表後に 108.15/20レベルへ急騰した。FRBは声明で雇用、物価情勢がFRBの見通し通りであれば現行の証券購入プログラムを次回会合で終了するとの方針を発表。現在の低金利政策は資産購入停止後も相当の期間、継続されるとの表現は従来と同じだったが、金利の上昇ペースが速まると見るFOMC参加者が以前の会合よりも増えていたことが判明。市場はドル買いを一気に強めた。ドル・円は一旦、106.65付近へ反落したものの、押し目買いにサポートされて 108.39まで上昇。108円台前半でもみ合いつつ、108.35近辺でNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルはFOMC声明を受けて 1.2982をつけたあとドル買い・ユーロ売りが活発化。この日の安値 1.2852をつけた。NY市場引けは 1.2860近辺。

・米FOMC声明全文(日本経済新聞)




■シカゴ筋
■東京金取
■為替統計データ
■エリオット波動
■日銀介入実績
■通貨コンバータ
■ギャン
■業界用語
■リンク
米経済指標 このページのトップ
日付指標結果予想前回
9/15ニューヨーク連銀景況指数27.516.014.7
9/15鉱工業生産指数-0.1%0.3%0.2%
9/15設備稼働率78.8%79.3%79.1%
9/16卸売物価指数0.0%0.0%0.1%
9/16卸売物価コア指数0.1%0.1%0.2%
9/17消費者物価指数-0.2%0.0%0.1%
9/17消費者物価指数(コア部分)0.0%0.2%0.1%
9/18新規失業保険申請件数280K305K316K
9/18住宅着工件数956K1045K1117K
9/18建築許可件数998K1054K1057K
9/18フィラデルフィア連銀景況指数22.523.528.0
9/19景気先行指標0.2%0.4%1.1%

トップ | 最新記事 | チャート/データ | リアルタイム・レート | 外貨預金 | レンジ予想 | チャート・パターン | サイトマップ
copyright(c) KOIKE, Shin_ichi E-mail